クルーズで英語、英会話は必要なの?

国内クルーズと海外クルーズの英語、英会話の必要性

クルーズは大きく分けて国内クルーズと海外クルーズがありますね。

国内クルーズ

国内クルーズは、基本的に国内の港を寄港地としてクルーズするもので、基本的にはパスポートがいりません。
飛鳥のような日本国籍船でクルーズする場合には、乗組員も日本人が多く、船内では英語でなく日本語で大丈夫です。
注意してほしいのは、ダイヤモンドプリンセスやコスタビクトリアのような外国籍船です。

外国籍船の場合、日本発着クルーズで、例えば横浜港から出港して、日本各地を寄港していく場合でも法律の規制により必ず、一度は外国の港に寄港しなければならない法的な義務があります。

海外クルーズ

海外クルーズの場合、飛鳥などの日本船で世界一周クルーズに乗船する場合、船内は日本人スタッフも多く基本的に日本語ですみますので、英会話や英語はほぼ必要とはなりません。

言葉で問題となるのは、当然外国船の海外クルーズです。

日本人乗客が多い船、航路の場合は、クルーズ船運行会社も集客のため、ある程度の日本人スタッフ、日本語がわかる係員を乗船させていますが、それも限度があります。

すべての船内スタッフが日本語は理解してくれるわけでもありません。

つまり、国内クルーズでも海外クルーズでも、外国船籍のクルーズ船を利用する場合は、英語を喋れた方がいいし、国内船籍のクルーズ船でも、海外クルーズの場合は、船内では必要ないかもしれませんが、海外の寄港地では英会話が必要となる可能性が高くなります。

コメントを残す