クルーズで使う英会話は、日本語と英語の船内新聞を比較してみましょう。

クルーズで使う英語・英会話は、普通の旅行英会話に加えて、クルーズ独特の用語・言い回しがあります。

例えば、船酔 seasick、客室 cabin、寄港地観光 excursion、左舷 portdeck 右舷 starboard、甲板 deckなどがあります。

このような言わば、専門用語のようなものは覚えにくいものですしもっと簡単に覚える方法はないのでしょうか?

その方法の一つに船内新聞があります

船内新聞とは、クルーズ船なら毎日配布される情報誌のようなものです。

クルーズ当日のイベント、船内施設の営業時間、寄港地の情報などが詳しく書かれているもので、乗客は毎朝、この船内新聞を見てその日のスケジュールを考えます。

レストランには何時ころ行って、ダンス教室などのイベントに参加しようかどうかなどを決めるのです。

この船内新聞は、外国船なら日本人乗客が少ない場合は、英語のみですが、日本人乗客が多いクルーズの場合は、英語と日本語の船内新聞が2つ発行されます。

英字船内新聞と日本語船内新聞の療法を手に入れるにようにしてください。

客室係の人にリクエストすると準備してくれると思います。

英語と日本語の船内新聞は、内容は殆ど同じなので、比較しながら見比べることにより、クルーズ船特有の英語学習ができることになります。

船内新聞で使われる英語は、パターン化しているので、1週間両方の船内新聞を比較して見ていると自然にクルーズで使われる英語を覚えることができますよ。

コメントを残す