クルーズに行くなら英会話はどのくらい話せればいいの?

日本籍の飛鳥Ⅱや日本丸、ぱしふぃっくびいなすなら、ほとんど英語は使わなくてもすみます。

なぜならば、日本人のクルーも大勢乗船していますし、外国人クルーも日本語を話せなければ仕事にならないからです。

日本人乗客と接しなければならない職種では、まず日本語をカタコトでも話せますので心配ありません。

外国籍の船、例えば、プリンセス・ダイヤモンドやコスタ・ビクトリアなどの日本発着専用船であれば、同じように日本人の乗客が大多数乗船しますので、乗客が相手とする船員は日本語を話してくれます。

しかし、外国港発着の外国籍船であれば、とたんに英語、英会話の必要性が格段に増します。

◯ ラグジュアリークラスの船、特に小型ラグジュアリー船は英語、英会話の能力が高くなければだめ。

クイーン・エリザベスなどは、ほとんど日本語は、ほとんど通用しないと思っていいでしょう。

クイーン・エリザベスは、大型のラグジュアリー船ですが、小型のラグジュアリー船、例えばロイオーパなどは、ますます英語や英会話が通じなくなります。

なぜなら、乗客が少ない分、クルーも少なくなり日本語が少しでも話せるクルーの確率は殆どゼロに近くなるからです。

乗客の多くは、欧米の富裕層ですから、船内のアトラクションもオアシス・オブ・ザ・シーズのようにファミリー層を相手とするクルーズ船に比べると少なくなってしまいます。

小型ラグジュアリー船の乗客の目的は、上流階級の社交ですから、食卓でもラウンジでも会話を楽しむことが最大の目的かもしれません。

それも、くだらないゴシップではなく、高邁な芸術、詳しい世界情勢、文化など話題のレベルも相当高くなります。

これでは、まず、日本語で話すことが難しいレベルで、それらを英語で話すなどほとんどネイティブレベルでも難しい英会話となります。

オンライン英会話でももちろん勉強できますが、そもそもフィリピン人講師では、それほどの高いレベルを持つ知識人は珍しく、これらの会話レベルを有する講師を予約するのはほとんど不可能と思われます。

また、ロイオーパや、クリスタル・クルーズなどに乗船しようと思っても、そもそも良好会社のツアーも少なく、クルーズ船会社の英語のホームページから予約しなければならず、乗船前に相当な英語力が必要とされます。

◯ プレミアムクラスのクルーズ客船やカジュアル客船

プリンセス・クルーズなどのプレミアム客船やロイヤル・カリビアン・クルーズなどのカリブ海などをクルーズするカジュアルクラスの客船では、集合場所やその時間を聞き取れるほどの英語力であれば、個人の乗船は可能だと思います。

日本途上センチまでの往復航空券や乗船地や帰港地のホテルなどの予約、ホテルから船までの移動手段の確保などはある程度は旅行会社でも手配してくれますが、現地での行動には多少の英語が必要となります。

また、乗船してからもダイニングでの食事、寄港地ツアーの申込みと参加、下船前の支払い精算、下船の段取りなどの問い合わせには、英語が必要となります。

船会社主催の寄港地ツアーはしっかりと下調べしておくことや下船前の支払いの精算や下船の段取りは、説明会に参加したり船内新聞をよく読んでおくとわかりますし、わからない時は前もって質問したりして理解しておくと良いでしょう。
これくらいの英語、英会話であれば、オンライン英会話の旅行英会話で学習しておけばなんとかなるくらいのレベルだと思います。

また、折角の個人旅行のクルーズ乗船ですから、食事の際の自己紹介、得意な分野の話くらいは英語でできるとベストです。

コメントを残す